話題のVIO脱毛が始められない女性の多くは、想像を絶する痛みに抵抗があると言われています。このページではデリケートゾーンの脱毛に関する「痛み」を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

多少の痛みでVIOゾーンがスッキリ!光脱毛!

他の部位よりも毛根がしっかりしているVIOゾーンは、ミュゼなどで光脱毛を行う際にも、多少の痛みが伴うとされています。

痛みの強さは個人差がありますが、エステティシャンが照射時に声掛けをしてくれますので、心の準備ができるという意味では、良心的な対応が行われていると言えるでしょう。

またVIOゾーン脱毛は「恥ずかしい部位を見せる」という特徴があるため、他の部位では味わえないようなドキドキ感によって気持ちが逸れて、痛みを感じずに終わってしまうケースも多いと言われています。

VIOゾーンの「痛み」に関する口コミをまとめてみました!

「照射された瞬間「バチッ」と音がしたので、痛みよりもビックリの方が先だった気がします。フライパンで料理をする時の油はねに似た感覚だったので、我慢できないわけではないと感じました。」

「VラインとOラインは何も感じませんでしたが、Iラインは「パチン」と弾くような痛みがあった気がします。私の場合は耐えられないレベルではなかったので、そのまま続行することができました。」

「医療レーザー脱毛で泣くほど痛かったので、光脱毛サロンでVIOゾーン脱毛の仕切り直しをすることにしました。照射時の音にドキッとしましたが、慣れるとウトウトできるほど無痛に近かった気がします。」

VIOゾーンの中で最も痛みが強いのは?

VIOゾーンの中で最も初心者向けとされているのは、比較的毛が薄いVラインと言われています。これは光脱毛に限らず、医療レーザー脱毛でも同じことが言えますので、検討中の人は頭に入れておいてください。

また光脱毛で最も痛いのはIラインと言われていますので、Vライン→Oライン→・・と推移して、ある程度の心の準備が整ってからIラインに挑戦した方が良さそうです。

まとめ

多くの人が気になっている「VIOゾーンの痛み」について解説しました。

光脱毛の普及によってどの部位でも耐えられるレベルの痛みで脱毛ができる時代となっていますので、安心してサロンに行ってみると良いでしょう。

不安が強い人は、お試しキャンペーンなどを利用して、「継続できるか?」という点を考えるスタイルもおすすめです。