近年の脱毛技術はかなり肌に優しくなっていますが、それでも乾燥を防ぐ努力は必要とされています。ここでは、脱毛後のトラブル防止に繋がる肌ケアを紹介しますので、効果を最大限に発揮するためにも、ぜひ取り入れてみてください。

紫外線を避ける

脱毛後は敏感肌に近い状態になっているため、紫外線を避けて生活する必要があるとされています。サロンの中には、「コース前後の2週間は絶対に日焼けをしないでください」としているとこともありますので、自分なりの日焼け対策を検討しておいた方が良いと言えるでしょう。

ちなみに多くの女性が使っている「日焼け止め」は、脱毛効果を落としてしまう難点があるため、なるべく使わない方が良いとしているサロンも増えてきました。

また日焼け止めクリームにはかなり強い成分が入っているため、肌荒れを起こさないようにするためにも、施術当日は控えた方が良いようです。

このような理由から総合的に考えても、脱毛サロンから帰る時には、薄手のパーカーやカーディガンなどを着て、紫外線から肌を守る方法が理想的だとされています。

冷やす

脱毛サロンでもクーリングを行っていますが、更に良い状態で脱毛するためにも、冷やしタオルなどを使って自宅で肌を冷やすようにしてください。

中には直接氷や保冷剤を当てる人もいるようですが、この方法は凍傷などを起こす危険性があるため、注意が必要です。

また浴槽に浸かったり、サウナや岩盤浴を使うことも、肌の温度を上昇させることに繋がりますので、当日は軽めのシャワーで入浴を終えるようにしてください。

保湿をしっかりと行う

脱毛を行った肌は多少なりともダメージを受けた状態になっていますので、蒸散した水分を補うためにも、しっかりと保湿を行うようにしてください。

脱毛後の肌は毛穴の状態が悪くなっていますので、なるべくローションタイプを中心に使って「水分を与える」ということに専念した方が良いと言えるでしょう。

最後の仕上げはクリームでも構いませんが、化粧水も合わせて用意するようにしてください。

あまりにも強い化粧品は肌への負担となりますので、無添加化粧品や敏感肌用のアイテムが適していると言われています。

まとめ

脱毛サロンから帰ってきた後は、「肌を清潔に保ち、刺激を与えず、保湿を行う」ということが重要となるようです。ここでご紹介した3つのポイントを頭に置き、より良い効果を出すために、入念に肌ケアを行ってみてください。