近年の脱毛は光脱毛と医療レーザー脱毛が主流になってきていますが、脱毛の経験がまだない方は、違いが理解できないと感じる方も多いようです。

そこで今回は光脱毛と医療レーザー脱毛の違いついて詳しく解説していきます。

光脱毛と医療レーザー脱毛の共通点

光脱毛と医療レーザー脱毛は、古い時代から使われてきたニードル脱毛と対比する存在として位置づけられるようになりました。

そんなニードル脱毛は高い、痛い、時間がかかりすぎるという難点だらけでしたが、その問題を解消することができたのが光脱毛と医療レーザー脱毛だったのです。

昔は施術時の痛みで投げ出す人も多かった脱毛ですが、光脱毛と医療レーザーの登場によって、多くの人が継続的に施術を受けやすい時代が到来していると言えそうです。

光脱毛とは?

光のエネルギーを使ってメラニンを刺激し、毛根から脱毛を促すものです。かなり低い出力で施術が行われていくため、痛みをほとんど感じないという点で、お客様への負担が少ないとされています。

痛み同様に作用も穏やかになってしまいますが、長い時間をかけてコツコツとサロンに通える人には適したタイプと言えるでしょう。家庭用の脱毛器も販売されていますので、低予算で脱毛したい人におすすめです。

レーザー脱毛とは?

医療用レーザーを用いた本格的な脱毛法で、アレキサンドラレーザーやダイオードレーザーなどを照射します。フラッシュで照射する光脱毛と異なり単一波長のレーザーを使うため、出力が高い分、痛みと作用が強い特徴があるようです。

この機械は医療従事者のみに使用を許されているものですので、脱毛サロンでの施術では使われていません。自由診療ということで費用も高くなってしまいますが、スピーディーに脱毛を終わらせたいと考える人には、適した選択肢と言えるでしょう。

医療レーザー脱毛の場合は、脱毛時の肌トラブルなどの治療もできますので、万全なアフターフォローという点でも、評価の高い存在となっています。

まとめ

光脱毛と医療レーザー脱毛について、詳しくご紹介してきました。家庭用の脱毛マシンもこの2つがほとんどとなっていますので、メリット・デメリットを把握した上で、購入を決めるようにしてください。

決して安いとは言えない脱毛ですが、自分に合った方法を選べば、リーズナブルかつスムーズに進むとされています。