多くの人がストレスフルな毎日を過ごす現代社会では、敏感肌やアトピー性皮膚炎に悩む女性も増加傾向にあります。そんな肌トラブルを抱える女性たちは、自分はムダ毛の脱毛ができるのか?という疑問や不安を抱えている方もいるようです。

そこで今回は敏感肌と脱毛サロンの関係について詳しく解説していきますので、検討材料としてチェックしてみてください。

敏感肌は脱毛ができないのか?

敏感肌とは非常に定義が曖昧で、生理前の肌ゆらぎによってさまざまなトラブルが生じている人も、敏感肌と位置づけられることもあるようです。このような理由から、脱毛サロンでは「敏感肌の人はお断り!」とはせずに、何度もカウンセリングや照射テストを行うことで、本当に施術を行って大丈夫か?というポイントをチェックしてくれているのです。

また敏感肌の疑いがあるという人には、照射する光のパワーを落として施術が行われることもありますので、「敏感肌だから絶対に脱毛ができない」と諦めることはないと言えるでしょう。

肌トラブルを自覚している場合は?

既に肌炎症などが発生していて、ヒリヒリや痒みに悩まされている人は、その状態が回復するまでの間は、なるべく安静にした方が良いと言われています。近年の光脱毛は優しいレーザーで照射されていきますが、多少なりとも肌に負担をかけていることには変わりがありません。

そのため、無理に脱毛を行って肌炎症が悪化するという最悪の事態に陥らないためにも、「肌が不調な時はお休みする」という心掛けも必要となってくるのです。

脱毛サロンで火傷をするケースってあるの?

脱毛サロンは大事を取って施術を進めていきますが、お客様が勝手に日焼けをしていたり、既に肌炎症を起こしていた場合には、火傷という最悪の事態に陥るケースもあるようです。

このような事態を避けるためにも、エステティシャンの指示をしっかり守って、安全性の高い肌状態で施術を受ける心掛けが必要と言えるでしょう。近年では、脱毛に伴う肌トラブルの保証制度を設けているサロンも急増し、皮膚科受診の費用を負担してもらえるケースも増えてきました。

万全な対策を施している脱毛サロンではありますが、自分の肌状態によってトラブルが生じるケースがあることを想定し、契約書に記載されている保障内容を確認するようにしてください。

まとめ

敏感肌と脱毛による火傷トラブルについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?ちなみにミュゼでは肌への負担が少なS.S.C.脱毛という方式を取り入れていますので、敏感肌に悩む皆さんにおすすめです。